明和エンジニアリング株式会社

バイオマス発電事業

自然の力を利用した、
より効果的な発電を

CO2を排出しないというだけではなく、資源の有効活用の点からも期待されているバイオマス発電は
生物由来のエネルギー源を活用するため、そのリソースは非常に幅広いものがあります。
その中で、将来的な森林問題への取り組みの一貫から、
間伐材利用した木質バイオマスや、パーム油を利用した事業化に取り組んでいます。

明和エンジニアリングの
バイオマス発電事業

2012年7月に始まった再生可能エネルギー買い取り制度(FIT)によって、木質バイオマス発電が普及し始めました。
これは、再生可能なエネルギーを用いて発電した電力を、電力会社が一定の価格で買い取る制度です。
この制度により様々な再生可能エネルギー事業が注目され始めましたが、中でも注目を集めたのが「木質バイオマス発電」です。

明和エンジニアリングでは、20年以上にわたって、木材チップを安定的に調達・供給し、発電所にて高効率で電力に変換しています。